■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:20180510

「減量でガマンは禁物!」
この言葉は、今や減量の常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、わたくし自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
 長期的に減量を続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい体になったり、
 過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
読者様、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた体や心に鞭打つような減量では
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕食後のおかしをガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「おかしを食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
板チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
減量のちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスに減量を進めてみてはどうでしょう?

・・・と、書いてみるテスト

ホーム サイトマップ