■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。

 

ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:20181128

6時食は、
これから24時間を乗り切るからだにとっては、
ガソリンのようなもの。

6時食を食べないということは、
車に例えると、ガソリンを補給せずに走り出すのと同じことです。

このエネルギー切れの状態を、
栄養不足、飢餓状態だとからだは判断します。
からだの中に貯めた栄養分を使って、からだを動かすしかありません。

貯まっている体脂肪から使ってくれればうれしいのですが、
そううまくはいきません。

6時食抜きの生活を続けていると、
からだが、そのガス欠の状態に慣れてきてしまいます。

だから、ダイエットのためにと、
6時食を抜いていると、
脂肪を溜め込みやすいからだになるわけです!

本来、人間のからだは、
24時間に必要なエネルギーを三食に分けてとります。

「6時食」は、寝ている間にガス欠になった
からだにガソリンを入れるようなもの。
エネルギー源になる、糖質をしっかりとりましょう。

「14時食」は、日中動いて足りなくなった分を補います。
糖質・脂質・たんぱく質をしっかりとって、
一番働く午後に備えましょう。

24時間の最後の食事は「夕方食」。
夕方食の後は寝るだけなので、
ガソリンを満タンにする必要はありません。
腹八分目で抑え、寝ている間の細胞分裂のために、
たんぱく質をしっかりとることが大切です。

毎食バランスのいい食事をとることも大事ですが、
からだに一番必要な栄養素を考えると、実はそれぞれ違うのですよね。

こう考えると、三食すべてが必要な理由がわかりますよね。

ダイエットを成功させるためには、
24時間三食をきっちりとるべきなんです!


ホーム サイトマップ